読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球好きのイクメンパパ~nikupapa~

日ハムの事、家族の事、子供の事等日常を綴っているブログです。

【日ハム】大谷翔平左足負傷で全治4週間!!栗山監督!これがあなたの唱える「最高のチーム」の作り方ですか?



スポンサーリンク

こんにちは。nikupapaです。

低迷する日ハムに更なるショッキングなニュースが飛び込んできました。

 

 

ついに恐れていた事態が起きました。ここまで日ハムの打線を引っ張ってきた大谷翔平選手ですが、先日の第一打席で内野ゴロの間に全力疾走をした際に、左足を負傷し途中交代していましたが、検査の結果左大腿二頭筋肉離れと診断され、復帰まで4週間かかるという診断が下されました。

 

 

「栗山監督!これがあなたの唱える「最高のチーム」の作り方ですか?」

 

そんな声が聞こえてきそうで、しばらくは栗山監督へ批判が多くなりそうです。

実際、大谷翔平に代わる選手がいないとしても、全力疾走させないなら野手で起用すべきではないという声も沢山出ていました。

 

スポーツ選手に良くあることですが、負傷した箇所を庇いながらプレーを続けることでほかの箇所への負担が大きくなりまた別の箇所の怪我をします。

今回も右足首を庇いながらのプレーが続いていたので、少なからずその影響はあるかと思います。

 

 

大谷翔平離脱後のオーダーは?

 

 

大谷翔平選手が離脱してしまい、日ハムは誰かでその穴を埋めなくてはなりません。

正直なところ大谷翔平選手クラスの成績を穴埋めできる選手がいるならば、その選手はすでにスタメンとして起用されているでしょう。

と言っていても始まらないし、これは冷え冷えの日ハム打線を大幅にテコ入れするチャンスと考えていいと思います。

 

  1. (中)西川遥輝
  2. (右)近藤健介
  3. (三)横尾俊建
  4. (一)中田翔
  5. (左)森山恵佑
  6. (DH)レアード
  7. (二)石井一成
  8. (捕)大野奨太
  9. (遊)中島卓也

 

あまり大幅に変わっていませんね。

完全に個人の趣味です。笑

 

横尾俊建選手、石井一成選手、森山恵佑選手は若手の中でも積極的に起用してもらいたい選手なので、組み込むとしたら上のようなオーダーになるかな?と考えてみました。

 

最悪なチーム状況となった日ハムですが、栗山監督には「最高のチーム」の作り方を思い出して、チームをしっかり立て直してもらいたいです。