読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球好きのイクメンパパ~nikupapa~

日ハムの事、家族の事、子供の事等日常を綴っているブログです。

【日ハム】乱闘寸前!中田翔の激高が日ハムにもたらした闘争心。

こんにちはnikupapaです。

4月29日の楽天戦で日ハムの中田翔選手が激高するシーンがありました。

乱闘寸前!因縁の美馬に中田翔激高


相手楽天先発の美馬選手から左太もも死球を受けた中田翔選手。

痛みを飲み込み美馬選手に文句を言いながらも一塁へ向かうかと思われましたが、美馬選手の態度がよっぽど気に食わなかったのか中田翔選手がマウンドに詰め寄ると、両軍選手が入り乱れ、乱闘寸前の騒ぎとなりました。

f:id:n_fighters:20170430151320j:plain

悪意のあるタイミングでの写真かもしれませんが、中田翔選手がキレている中、美馬選手のこの表情は完全に煽っている表情にしか見えません。

動画を良く確認してみると、煽っていました美馬選手。

口の動きでの推測ですが「なんでキレるの?はん!」と当てた美馬選手が言っているようにも見えます。そして激高する中田翔選手に対してかはわかりませんが半笑い。

中田翔選手がここまでブチキレるのも納得出来ました。

そしてもう一つ、中田翔選手が楽天の美馬選手にここまで激高する理由があります。

中田翔と美馬の因縁

 2013年シーズン、その年キャリアハイとなる活躍を見せていた中田翔選手ですが、8月末の楽天戦で美馬選手から死球を受け左手を骨折し残りのシーズンを棒に振った過去があります。

ここまではプロでは良くある話で不運だったとされるのでしょうが、そのあとの美馬選手の発言(避けようと思えば避けれた)などに対して中田翔選手はストレスを抱えていたのかもしれません。

ちなみに中田翔選手と美馬選手の通算成績(レギュラーシーズン)は以下のようになっています。

f:id:n_fighters:20170430161016j:plain

 こんだけ打たれていたら、美馬選手が中田翔選手へ対しての攻め方が厳しくなる理由がわかります。

 

 中田翔の激高で目覚めた闘争心

4月29日の楽天戦で試合を決めるサヨナラタイムリーを放った田中賢介選手は、中田翔選手の乱闘寸前シーンを見たことにより、眠っていた闘争心に火がついたと語っています。

チーム状態が上向いていることを実感している。「雰囲気は少しずつ変わりつつある。乱闘になりそうな場面で、眠っていた闘争心に火がついた」。7回に美馬から死球を受けた中田が怒りを露わにし、両軍選手がベンチから飛び出した場面を転機の一つに挙げた。引用*1

これを見たときの最初の感想としては、「賢介、闘争心眠ってたんかい!」 でしたが、中田翔選手が見せた勝負への気持ちをしっかりと感じとって挑んだ打席だったのだと思いました。

また、中田翔選手が乱闘寸前のシーンで見せた勝負への気持ちは、眠っていた日ハム選手達に再び闘争心をもたらした、それほどの意味を持つシーンだったのではないでしょうか。

 

中田翔が激高した理由

試合後、中田翔選手が激高した理由について以下のように語っていました。

「1、2打席目(の内容)が良かったので気持ちを入れて打席に入った。1本打ちたいと強く思っていたので」*2

あたった場所の割にすごい怒ってたなぁ~と感じていたのですが、このコメントを見る限りでは、気持ちを最大限に高めて入った打席で死球と言う結果になり、今までのストレスが一気に爆発してしまったというところなのでしょうか。

本当の理由は別にあり?

実は中田翔選手、昨年放送されたスマスマの中でインコース攻めがむかつく選手で楽天の美馬選手の名前を上げていました。理由はやはり2013年に骨折させられたのが原因との事。

f:id:n_fighters:20170430164326j:plain

更に楽天の正捕手である嶋選手には、「かすった瞬間僕行くんで」宣言していました。

昨日の試合は有言実行していましたが、こんな予告をしていたとは恐ろしいです。

 

何はともあれ、乱闘に発展せずに余計なけが人なども出ずに終わってよかったと思います。

しかし、中田翔選手があそこまで怒る姿は本当に見たことがないくらいだったので、やはり怒らすととんでもなく怖い選手の一人だと改めて感じました。