読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野球好きのイクメンパパ~nikupapa~

日ハムの事、家族の事、子供の事等日常を綴っているブログです。

【日ハム】岡大海の復調で起こる日ハムの熾烈な外野手レギュラー争い。

こんばんは。nikupapaです。

日岡大海選手の復調の記事を書きましたが、5月最初の試合でも好調を維持しており1軍復帰まで秒読みとなってきました。そうなると気になるのが日ハムの外野手争い。今後岡大海選手の1軍登録に伴い日ハムの熾烈な外野手レギュラー争いが起こるかもしれません。

岡大海復調!日ハムの熾烈な外野手レギュラー争い

1ヵ月前までは、岡大海登録抹消!どうなる日ハムの外野手不足なんて記事を書いていましたが今季のレギュラー獲得を期待されていた大田泰示選手、淺間大基選手が相次いで1軍登録され、不調降格となっていた岡大海選手がイースタンリーグ戦で復調をアピールしている為今度は、一気に外野手のレギュラー争いが熾烈化してきました。

ハムファンとしては開幕直後には考えられなあった非常に嬉しい悲鳴となりそうです。ここで一先ず現在1軍登録されている日ハムの外野手を見てみることにします。

現在1軍登録中の外野手

#8 西川遥輝
27試合 打率.250 2本塁打 5打点 3盗塁 
現在開幕から27試合連続で試合出場を続けている西川遥輝選手。4月は、打撃不調もあり本来の姿を見せていませんが5月に入り打撃も上向いて来ています。また、開幕当初の外野手不足の中で本来の左翼ではなく中堅としても守備をこなすなどに利ハム外野手の柱となりつつある存在に成長しました。
#33 大田泰示
  7試合 打率.185 1本塁打 3打点 0盗塁
昨年トレードで日ハムに来て以来その潜在能力の高さから首脳陣、ファンから期待されるもオープン戦初打席で故障し出遅れていましたが先月下旬に1軍登録され打率こそ1割台ですが得点圏打率は打数こそ少ないものの脅威の6割(5-3)を記録しチームの勝利に大きく貢献しています。また、大田泰示選手がスタメンで出場することで西川遥輝選手が本来の守備位置である左翼で出場出来るのも大きなポイントとなります。
# 26 淺間大基
  2試合 打率.400 0本塁打 2打点 0盗塁
今季中の外野レギュラー獲得を期待されながらもキャンプで急性腰痛となり出遅れていた浅間大基選手ですが5月2日に1軍登録されると即スタメンで出場し第2打席でタイムリーを放つなどルーキーシーズンの2015年を彷彿させる活躍でその日ハムの起爆剤となる活躍を見せてくれています。守備でもここまで固定できていなかった右翼を務めてくれることで日ハムの外野手レベルを大きく上げてくれる存在となっています。
#37 矢野謙次
12試合 打率.091 0本塁打 0打点 0盗塁
代打の切り札として貴重な戦力の矢野謙次選手ですが、ここまで期待されている活躍を見せておらず少し物足りない結果になっています。年齢による衰えから代打以外の出場機会が激減しており守備固めや代走での起用が難しくなっていますが1本で雰囲気を変えられる日ハムにとって貴重な選手をなっています。

1軍登録枠は4人

現在内野守備のスペシャリスト飯山裕志選手、マルチプレイヤー杉谷拳士選手を欠いている事もあり日ハムの外野手登録は多くても4人が限界となっています。そうなると現在1軍登録されている西川遥輝選手、大田泰示選手、淺間大基選手、矢野謙次選手との入れ替わりになることが予想されます。成績だけでみるとここまでチームの期待に応えられていない矢野謙次選手と復調している岡大海選手が入れ替わることとなりそうですが、栗山監督の中で矢野謙次選手の信頼は高く入れ替えには大きな決断が必要になりそうです。個人的には先日書いた記事「日ハムの外野手事情。途絶えた外野手の系譜。鉄壁の外野手布陣は復活するのか?」の通り若手で外野レギュラー争いをしてもらうことが今後の日ハムにとって財産になると思うし、西川遥輝選手、大田泰示選手、淺間大基選手、岡大海選手の4人であれば代打、代走、守備固めとして出場しても大きな戦力となるので若手4人を1軍で競争させるのが1番だと思っています。

5月は1軍登録メンバーが大きく入れ替わる

岡大海選手の1軍登録は、少なくてもあと2、3試合で今の調子を保てているのであれば近似中に昇格となるのではと予想しています。更に手薄な内野手のバックアップを務められる飯山裕志選手、杉谷拳士選手も2軍で実戦復帰を果たしていることから岡大海選手を含めた3選手を一気に入れ替える可能性が高いかもしれません。そうなると日ハム1軍登録メンバーはどのように変わるか予想してみました。

(出場登録抹消選手)

捕手:清水優心

内野手大累進

外野手:矢野謙次

(出場登録選手)

内野手飯山裕志

内野手杉谷拳士

外野手:岡大海

捕手を務める清水優心選手は、打撃成績が不調の為か4月27日の出場を最後に試合出場がありません。大累進選手は、先日の痛いエラーもあり打撃、走塁、守備の面で少し1軍レベルとしては物足りない所もあります。矢野謙次選手は、やはり代打の切り札として期待されている成績を残していないのでと言う理由でこの3選手を外し、内野のバックアップ要因として高い信頼を得ている飯山裕志選手、杉谷拳士選手と淺間大基選手同様今季の外野手レギュラー定着を期待されていた岡大海選手を1軍に昇格させることがベターかなと思います。

誰を上げて誰を落とすか。今回の入れ替えが残りのレギュラーシーズンに大きく影響することは間違いないと思います。

まとめ

  • 岡大海選手の復調で熾烈な外野レギュラー争いが勃発
  • 飯山裕志選手、杉谷拳士選手の実戦復帰で1軍登録メンバーに大きな変更がありそう
  • 残りのレギュラーシーズンを占う大事な選手入れ替えになりそう

f:id:n_fighters:20170423040957j:plain

しかし、1ヵ月前では考えられないくらい野手が充実してきましたね。先発陣も少しづつ安定して来ましたし5月以降、日ハムの猛追を期待せずにはいられません。