野球好きのイクメンパパ~nikupapa~

日ハムの事、家族の事、子供の事等日常を綴っているブログです。

【日ハム】近藤健介がいない!?スタメンから外れたのはケガ?失踪?

こんにちは。偽イクメンブロガーのnikupapa(@FightersNon)です。野球好きのイクメンパパ~nikupapa~に訪問頂き有難う御座います。

 

6月26日エントリー更新しました。

www.ikupa-pa.com

6月11日エントリー更新しました。

 

www.ikupa-pa.com

 

6月9日情報更新

右大腿裏の違和感で4試合欠場中の首位打者の近藤健介捕手については「今日(8日)我慢すれば行けると思ったので、明日(9日)は状態を見て使いたい」と話した。引用:full-Count

 

最高のデイゲーム日和の今日。日ハムは敵地甲子園に乗り込んで阪神との3連戦3試合目の6月4日。スタメン表を見ると彼の名前がないではないですか。彼と言うのはもちろん近藤健介選手の事。いったい近藤健介選手に何があったのでしょうか?

近藤健介がスタメンを外れたのは?

f:id:n_fighters:20170506094139j:plain

昨日の嫌な負けを早く忘れたく今日の日ハム対阪神デイゲームを楽しみに家に帰ってくるといつもと違うスタメン表に違和感を感じました。

松本剛選手がスタメンになっているではないですか!いやいや!松本剛選手のここ最近の活躍を見ていたらそろそろスタメンに上がってくるだろうな?と予想できたので違和感は感じませんでした。では一体何に違和感を?ってそれはもちろん日ハムの3番打者レアード選手。いつもならここには3番指名打者近藤健介選手が座っているはずなのに、なぜ今日は3番にレアード選手?近藤健介選手は一体どこに行ってしまったのか?

Yahooニュースを見ても近藤健介選手の情報はこれくらいでした。

打率4割9厘でリーグ首位に立つ日本ハム近藤健介捕手(23)がスタメンから外れた。この日、試合前練習でもグラウンドには姿を現さず、不参加だった。栗山英樹監督(56)は理由については語らず「いるメンバーでベストを尽くす。コンちゃん(近藤)どこ行ったの?」とはぐらかした。引用:日刊スポーツ

おいおい!栗山監督が近藤健介選手の居場所を知らないのはまずいだろう!

どこに行ったのってのはギャグですか?ギャグにしては少し笑えないギャグですよ栗山監督。しかしいったい近藤健介選手の身には何があったのでしょうか?本当に・・・

GAORAスポーツを見ているとある情報が入って来ました!

近藤健介右ハムストリングに違和感を感じ出場回避

どうやら近藤健介選手は右ハムストリングに張りを感じ自ら試合出場を回避したようです。市内の病院でも検査を行っており、MRI検査を行った結果、患部の出血、炎症などはなかったそうで、軽傷のようです。今後の近藤健介選手の試合出場については、患部の状態を確認しながら、試合準備を行う見込みのようだとGAORAの解説の人が丁寧に教えてくれました。なんなら今日の試合大事な場面で近藤健介選手が出てきてもおかしくないですね?的なことも言っていたので、本当に軽傷なんだと思います。

近藤健介の4割を阻むのは?

ここまで4割をキープしている近藤健介選手ですが、先日の試合で日ハムの球団記録であったハリーこと張本勲氏の持つ開幕から46試合キープの記録を更新し48試合連続で4割キープを達成している所です。

この近藤健介選手のプロ野球界初の4割打者を阻むのは私は交流戦だと思っていました。対戦経験の少ないセリーグの投手陣と戦う事で徐々に打率を下げて行き、最終的には3割7分くらいで交流戦を終えると予想していたのですが、その予想を超える活躍で現在も4割9厘としっかり4割を超えています。

これは本当にすごい事ですね。近藤健介選手は投手ではなく自分の間合いで打席に立てているからこそ対戦経験少ない投手でも多少の情報があれば対応は可能ですよ栗山監督と言わんばかりの活躍ですよね。

そしれこの近藤健介選手の4割超えを真の意味で拒むものはやはり故障でした。近藤健介選手の打撃の神髄は下半身にある事は最近のインタビューなどで多くの方に知れ渡ったと思いますが、その下半身の故障(今回は右ハムストリングの張り)となるとスタメンに復帰となった場合に打率が下がって来ることが予想されます。

近藤健介選手は故障で本当に打率が下がる?

予想されますなんて語ってますが、実はおよそ1ヶ月前程に右膝に死球をくらいしばらくスタメンから外れていた近藤健介選手ですが、この時も復帰後絶好調の打撃の調子が落ちて行くだろうと多くの方から言われました。しかし近藤健介選手はこんなケガを物ともせず、むしろ打撃の調整をどんどんあげて行ってしまったのです。

近藤健介選手は実に恐ろしいです。左打者の近藤健介選手にとって右膝と言うのは投手側に踏み出す足であり、いわゆる割れを作る為に必要な足になります。その右膝に死球を受けながらも打撃の好調を上げていくなんて芸当はそこらの選手に真似することは出来ないでしょう。

ってなわけで今回の右ハムストリングの張りなのか故障と言えるレベルなのかわからない近藤健介選手が回復し、昨日までのようにスタメンに名前を連ねていても打撃の調子は落ちてい行くことはないでしょう。なんてったて日本のプロ野球界初の4割打者を達成させる選手ですからね。

近藤健介がいないとさすがにキツイ

いくら中島卓也選手がこの間の試合から帰って来ていても得点力のある近藤健介選手が今回こそ長期離脱となると一気に日ハムの雲行きが悪くなるのは目に見えています。大谷翔平選手もベースランニング再開までの日程が明かされおらず日ハムの得点源である近藤健介選手がいないのは本当にキツイ。

日ハム首脳陣も本人の意思を尊重してくれる良いチームなのはわかっていますが、ここは心を鬼にして近藤健介選手の故障が完治する日まで無理させないようにお願いします!

 

雑殴り書きですが、近藤健介選手のケガによる情報を更新させて頂きました。